遣三国使

遣三国使

曹操好きの曹操好きによる曹操好きのためのブログ。

<第三次> その2 逍遥津

f:id:kensangokushi:20180731194717j:plain

魏呉攻防の地、合肥へやってきました!

「寿春路」を発見。

寿春といえば、袁術が皇帝を称した地、荀彧が逝去した地、孫策周瑜が出会った地でもあります。

 

 

f:id:kensangokushi:20180731183543j:plain

「古逍遥津」

今は公園になっており小さな遊園地も。

そう、ここが「合肥の戦い」古戦場なのです。

 

f:id:kensangokushi:20180731183550j:plain

入ってすぐ目の前には、泣く子も黙る張遼が!

「威震逍遥津」と書かれています。

 

f:id:kensangokushi:20180731232839j:plain

「遼来来!」

 

f:id:kensangokushi:20180731183826j:plain

「飛騎橋」

孫権張遼軍の奇襲から逃げる時、馬で飛び越えた橋(小師橋)です。

ちなみにこの岩は太湖の有名な奇石・太湖石だそうです。

 

f:id:kensangokushi:20180731183831j:plain

「三国歴史文化館」

三国時代の貴重な品が展示されています。

 

f:id:kensangokushi:20180731183835j:plain

官渡の戦い

上に逃走する袁紹、真ん中に徐晃許褚曹操劉曄張遼

 

f:id:kensangokushi:20180731183839j:plain

「投石機」の模型。

 

f:id:kensangokushi:20180731183844j:plain

漢の時代の「青銅剣」と「竹簡」。

 

f:id:kensangokushi:20180731184206j:plain

「四神瓦当」

四神(青龍、白虎、朱雀、玄武)が彫られた屋根瓦の先端の部分。

かっこいいですね。

 

f:id:kensangokushi:20180731184211j:plain

上段左から周瑜曹操曹仁蒋欽夏侯惇呂蒙曹植(?)、王蕃(?)、劉曄

どんな人選と順番なのでしょうか。

 

f:id:kensangokushi:20180731184215j:plain

 

f:id:kensangokushi:20180731184219j:plain

 

f:id:kensangokushi:20180731184223j:plain

冠の被り方。

 

f:id:kensangokushi:20180731184528j:plain

 

f:id:kensangokushi:20180731184532j:plain

張遼墓」の門。

 

f:id:kensangokushi:20180731184537j:plain

張遼墓」

合肥の戦いで、800の兵を率い10万の大軍を追いやった勇将・張遼のお墓です。

呉軍に包囲され取り残された兵を自ら助けに行く話は泣けます。

 

真ん中に歩いた跡があるのは何故…??

 

f:id:kensangokushi:20180731184542j:plain

 

f:id:kensangokushi:20180731184547j:plain

張遼衣冠塚」

公園内の池にありますが、貸しボートで行けるようです。

 

f:id:kensangokushi:20180801000319j:plain

「逍遥津路」もありました。

 

f:id:kensangokushi:20180731184804j:plain

「明教寺」またの名を「教弩台」

逍遥津公園の近くにあります。

曹操がここで兵を訓練させたそうです。

 

f:id:kensangokushi:20180731184809j:plain

 

f:id:kensangokushi:20180731184813j:plain

「屋上井」

晋代に掘られたといわれています。

お寺の中はそんなに広くありませんでした。

 

 

次は合肥新城です!